私は多くを望まなかった。
小さい頃からずっと、たった一つの夢を追い求めていた。
生きている間にその夢が叶わないことはもちろん分かっていた。
私はただ、神になりたいと願い続けていただけだ。