私は一度も道を踏み外さなかった。
だから今、こうしてここに立っていられる。
一つでも間違えていたら成功は得られなかっただろう。
小さい頃に親父の書斎から盗んだこの道が見える装置のおかげだ。