隣の家から「助けて」という悲鳴のような叫び声が聞こえた。
僕は怖くて体が動かず、助けには行けなかった。
でも、仕方ない。
だって、隣の家には誰も住んでいないはずだから。