一度逃亡者になってしまうと、元には戻れないらしい。
どこまで逃げても、さらに逃げ続けなければならない。
どんなに疲れても甘えは一切許されない地獄の日々。
あの日から私は、その片道列車に乗り込んでしまったようだ。