彼はどの大学にも入れるだけの頭があった。
その彼が出した結論は、どの大学にも行かないだった。
自分の学ぶべきことはどの大学にもないんだそうだ。
彼ほどの天才なら、確かにそうなのかもしれない。