彼は誰もが認める天才だった。
それゆえに周囲のプレッシャーは相当なものだった。
みんはは天才が才能を発揮できる期間はそう長くないことを分かっていない。
だからピークを過ぎた今でも、周囲はプレッシャーを与え続ける。