僕は小さい頃からずっと宇宙規模のことがやりたかった。
そのためだけに人生を費やしてきた。
そしてついに夢が叶う時がきたのだ。
各惑星の代表を集めて全宇宙一を決めるトーナメントの開催が、ついに。