自分が誰からも相手にされないことは分かっていた。
でもそれを認めたくなかった。
だから僕は、自分の第二ボタンをそっとポケットに忍ばせた。
隠したことすら誰にも気づかれないと知りつつ。