何となく誕生日はお祝いしなきゃいけない気がする。
でも私の誕生日を祝ってくれる人は誰もいない。
だから今年も自分の誕生日を自分一人で祝った。
今の自分が何歳になったのかは、もう何百年も前に忘れてしまった。