彼は優秀だったが、優秀すぎたのかもしれない。
誰も彼についていけなくて、結局は孤立してしまった。
でも、我々が束になってかかっても、彼一人分の仕事をこなせなかった。
彼みたいに、本当にチームが必要ない人も、世の中にはいるらしい。