私は生まれてから一度も父親に褒められたことがない。
みんなから褒められて私が慢心しないようにしているのだといつも父は言っていた。
私が天狗にならずにここまで来られたのは間違いなく父のおかげだ。
だから父の死に目にも、さようならではなくありがとうを別れの言葉にした。