彼らにとって、太陽の恵みというものはとても貴重なものなのだ。
あの地域では年間の九割以上が雨期で、太陽が顔を見せることはめったにない。
だからほんのちょっとでも太陽が見えた日は町を挙げてのお祭り騒ぎになる。
全く雨が降らない僕の住む地域ではとても考えられないことだ。