彼は自分の土俵というものを持っていないようだ。
どんな時でも相手の土俵に立つ。
畑仕事でも一緒だ。
彼はいつも自分の畑ではなく他人の畑を頑張って耕している。