あいつはしめやかな雰囲気を決して好まなかった。
だから告別式も終始明るい雰囲気にしてあげたかった。
どれだけ非常識だと怒られても止める気はなかった。
こっちの方があいつへの手向けになると信じて。