僕たちがワープ可能な宇宙船を作ったのは恩を返すためだ。
僕たちは今までたくさんの願いを叶えてもらった。
だからこれからは、一年に一回と言わず毎日会えるようにしてあげたい。
今から僕たちはこの宇宙船で織姫と彦星を迎えに行く。