前門の虎、後門の狼。
あれはただのことわざだが、今の僕はまさにその状況にいる。
でも正直なところ、僕はこんなシチュエーションを望んでいたのだ。
これで両方を倒せば、虎殺しと狼殺しの称号がいっぺんに手に入る。