授業で、アルミニウムは電気の缶詰という別称があると教わった。
僕は単純にアルミ缶のことをそう言うのだろうと思っていた。
だから一生懸命アルミ缶の中に電気を溜め込もうとした。
あの奇行があったから、電気を溜められる缶詰の開発に成功したのだと思う。