私は文字通りに師匠の血を受け継いだ。
それが最終試験なのだ。
一子相伝の技を教わった後、その技で持って師匠を倒す。
そして一滴残らず師匠の血を飲み干すのが、後継の儀式なのだ。