「いずれ第二第三の私が現れるだろう」
あの時は、新しい脅威がそのうちやって来るってことだと思ってた。
でもあの言葉はまさに文字通りの意味だったのだ。
あいつは死ぬ直前に自分の分身を大量に残していた。