終わりが分からないってのは絶望に等しい。
この部屋から脱出できれば元の世界に帰れると思っていた。
でも目の前に現れたのは次の部屋だった。
あと何部屋あるのか分からずに、出口を探し続けなければならない。