僕の字は筆跡鑑定をしても僕だと知られることがあまりない。
というのも、僕は使うペンによって字体が完全に変わってしまうのだ。
ペンごとの癖に影響され易いのかもしれない。
だから字を書く時は、今でもずっとお気に入りの万年筆をなるべく使用している。