「いやあ、お前マジでついてるな〜」
「うん……そうだね」
たぶん、僕ほどついてる奴も珍しいだろう。
「ほんとに、これだけ不幸が重なるなんて、相当な悪霊なんだろうな」