古くから伝わる良いものはいくらでもある。
でも新しくもっと良いものができれば廃れるのは仕方ない。
伝統を守り続けようとするその姿勢は尊敬に値するけれど。
それだけではダメなことがあるのも受け入れないといけない。