一生懸命さは必ず伝わるというのを私は初めて体感した。
彼らはお世辞にも実力があると言えず、失礼ながら滑稽なレベルだった。
でも彼らは笑われようが見下されようが一切気にせず全力でプレーした。
気がつけば私たちは自然と拳を握りしめ全力で彼らに声援を送っていた。