争うことが嫌いでずっと戦いを避けてきた。
でも結果的には自分が弱くあり続けるだけだった。
どんなに嫌でもどうしても戦わなければならない時が来る。
その時の私は平和主義ではなく、ただ戦えないだけの小者にすぎない。