忙しい人のためのサーバー構築手順

この記事はだいぶ前に書かれたものなので情報が古いかもしれません

僕がサーバーを構築するに当たり、apacheのインストールからドメインを当てるまでの行程を、何の説明もなしに、とにかくやったことだけを記します。

これだけやれば、一応ウェブサイトが動くところまでは行くはず。

もうちょい何かしらの説明が欲しいなって人は、こっちの記事を見てください。行程は一緒で、ちょっとだけ説明が増えてます。

サーバー初心者の俺でもできた!! 〜apacheのインストールからドメインを当てるまでの激闘が今ここに〜

もっと詳細な説明が欲しいなって人は、他のサイトさんの記事を参考にしてください。僕もあまり詳しく理解してないもので……ごめんちゃい。

では行ってみましょう。サーバーのOSはCentOS6.0です。



まず最初に

//rootユーザーに切り替え
# sudo su -

//OSのタイムゾーンを日本に
# cp -i /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime



apacheのインストール

//インストール
# yum -y install httpd

//apache起動
# service httpd start



PHP関連のインストール

//PHPやPEARのインストール
# yum -y install php php-pear php-mysql php-mbstring php-gd php-pecl-apc

//php.iniでタイムゾーンを設定
# vi /etc/php.ini

;date.timezone = 
→ date.timezone = Asia/Tokyo

//php-mcryptのインストール
# wget http://elders.princeton.edu/data/puias/unsupported/6/x86_64/libmcrypt-2.5.8-9.puias6.x86_64.rpm
# rpm -ivh libmcrypt-2.5.8-9.puias6.x86_64.rpm
# wget ftp://fr2.rpmfind.net/linux/epel/6/x86_64/php-mcrypt-5.3.3-1.el6.x86_64.rpm
# rpm -ivh php-mcrypt-5.3.3-1.el6.x86_64.rpm

//apache再起動
# service httpd restart



FTPのインストール

//インストール
# yum -y install vsftpd

//起動
# service vsftpd start

//ユーザーの作成とディレクトリの権限
# useradd user
# passwd user
# chown -R user:user /var/www/html



MySQLのインストール

//インストール
# yum -y install mysql-server

//起動
# service mysqld start

//初期設定
# mysql_secure_installation
(基本、エンター押してりゃオッケー)



phpMyAdminのインストール

//インストール
# wget http://unixlife.jp/rpmrepos/centos/6/unixlife/x86_64/unixlife-release-0.1.2-1UL01.x86_64.rpm
# rpm -ivh unixlife-release-0.1.2-1UL01.x86_64.rpm
# yum --enablerepo=unixlife install phpmyadmin

//phpmyadmin.confの書き換え
# vi /etc/httpd/cond.d/phpmyadmin.conf

Order Deny,Allow
Deny from all
Allow from 127.0.0.1
→以下に変更
Order Allow,Deny
Allow from all

//config.inc.phpの書き換え
# vi /usr/share/phpMyAdmin/config.inc.php

$cfg['blowfish_secret'] = '好きな文字列を入力';

//apache再起動
# service httpd restart

yumでphpMyAdminをインストールできない場合は、公式サイトからzipファイルをダウンロードしてきて、サーバーにアップロードする。

アップロードする場所は、ブラウザからアクセスできるところ。ドキュメントルートの直下とか。



ドメインを当てる

今回はお名前.comのDNSレコード設定でゾーン設定を行った。

norm-nois.com A IPアドレス
norm-nois.com NS 01.dnsv.jp
norm-nois.com NS 02.dnsv.jp

ドメインが当たるまでには数時間〜数十時間くらいかかる。



その他

今回の作業と一緒にやったこと。

postfixの設定
SSLの設定
バーチャルホストの設定

まだコメントはいただけてないみたい……
もしかしたら何か関連しているかも?