isset()はできる子だった

ガチムチ……いや、無知の知

PHPを覚えたての頃からずーーーっと使い続けていたisset()。

僕はそのisset()を使いこなせていませんでした。

つい先日知ったんですが、isset()って、複数の変数を同時に判定できるんですね。

$a = 'a';
$b = 'b';

if(isset($a, $b)) {
  echo 'ありまぁす';
}

こんな書き方ができることを、わたくし、先日まで知りませんでした。

ちなみにこの場合は、$aと$b、両方が存在する場合のみtrueになります。どちらか一つでも変数が定義されていなければ、falseになる。三つ以上の場合も同様。

$a = 'a';
$b = 'b';

if(isset($a, $b)) {
  //trueになる
}

if(isset($a, $b, $c)) {
  //falseになる
}

もちろん、配列の要素でも同じことができます。

$a = array('a' => 'a', 'b' => 'b');

if(isset($a['a'], $a['b'])) {
  //true
}

if(isset($a['a'], $a['b'], $a['c'])) {
  //false
}

empty()でも同じことできりゃ面白いんですが、あっちは変数一つだけなんですね。

ま、たいした話じゃあござんせんが、たまにはこんなのも良いっしょ。

まだコメントはいただけてないみたい……
もしかしたら何か関連しているかも?