=と==、===について2分で語ってみた

=がゲシュタりそうです

この記事を三行にまとめると

trueを返すコード
falseを返すコード
==と===の違い
この記事は以下の動画の中に出てきたサンプルコードを載せたものです。コピペなどが必要なときに使ってください。





両者の値が等しい時にtrueを返すコード

$a = 100;
$b = 100;

if($a == $b) {
  echo '等しい';
} else {
  echo '等しくない;
}



両者の値が等しくない時にfalseを返すコード

$a = 100;
$b = 123;

if($a == $b) {
  echo '等しい';
} else {
  echo '等しくない;
}



両者の値が等しくない時にtrueを返すコード

$a = 100;
$b = 123;

if($a != $b) {
  echo '等しくない;
}



変数の値が数字の時にtrueを返すコード

$point = 100;
if(is_numeric($point)) {
  echo '数字です';
}



変数の値が数字じゃない時にtrueを返すコード

$point = 'abc';
if(!is_numeric($point)) {
  echo '数字じゃありません';
}



==と===の違い

$a = 1;
$b = '1';

// == はtrueを返す
if($a == $b) {
  echo '等しい;
}

// === はfalseを返す
if($a === $b) {
  echo '等しい';
}
 もしかしたら何か関連しているかも? 
 みんなからのコメント 
[…] ♦︎ブログに動画内のサンプルコードを載せています https://norm-nois.com/blog/archives/5654 […]