switch文について100秒で語ってみた

個人的にはif文よりswitch文の方が好きなんですがね

この記事を三行にまとめると

お前がナンバー1だ
2位じゃダメなんですか?
六波羅探題って何だっけ?
この記事は以下の動画の中に出てきたサンプルコードを載せたものです。コピペなどが必要なときに使ってください。



ちなみにサムネイルの手は二進数の100を表しているつもりです。たぶん合ってると思う。



サイコロの目に応じて表示内容を変えるコード

$dice = rand(1, 6);
switch($dice) {
  case 1:
    echo 'お前がナンバー1だ';
    break;
  case 2:
    echo '2位じゃダメなんですか?';
    break;
  case 3:
    echo 'さんをつけろよデコ助野郎!';
    break;
  case 4:
    echo '死して屍拾う者なし';
    break;
  case 5:
    echo 'ゴイゴイスー!';
    break;
  case 6:
    echo '六波羅探題って何だっけ?';
    break;
}



breakを省略したコード

$dice = 1;
switch($dice) {
  case 1:
    echo 'お前がナンバー1だ';
  case 2:
    echo '2位じゃダメなんですか?';
    break;
}



if文のORに相当するコード

switch($dice) {
  case 1:
  case 3:
    echo '奇数です';
  case 2:
  case 4:
    echo '偶数です';
    break;
}

switch($dice) {
  case 1: case 3: case 5:
    echo '奇数です';
  case 2: case 4: case 6:
    echo '偶数です';
    break;
}



defaultを追加したコード

switch($dice) {
  case 1: case 3: case 5:
    echo '奇数です';
  case 2: case 4: case 6:
    echo '偶数です';
    break;
  default:
    echo 'サイコロを振り直してください';
    break;
}
 もしかしたら何か関連しているかも? 
 みんなからのコメント 
まだコメントはいただけてないみたい……