Pythonの辞書型について2分で語ってみた

何で辞書型って言うんだろう?

この記事を三行にまとめると

辞書型データの基本的な書き方
値の追加や上書き、削除
キーや値があるか確認
この記事は以下の動画の中に出てきたサンプルコードを載せたものです。コピペなどが必要なときに使ってください。





基本的な書き方

video = {
  'title': 'タイトル',
  'count': '再生回数',
  'date': '投稿日時',
}



要素の追加や上書き

video = {
  'title': 'タイトル',
  'count': '再生回数',
  'date': '投稿日時',
}
video['good'] = '高評価数'
video['date'] = '公開日時'


要素の取得

video = {
  'title': 'タイトル',
  'count': '再生回数',
  'date': '投稿日時',
}
video['good'] = '高評価数'
print(video['title'])



要素の削除

video = {
  'title': 'タイトル',
  'count': '再生回数',
  'date': '投稿日時',
}
del video['count'], video['date']



キーが存在するか確認

video = {
  'title': 'タイトル',
  'count': '再生回数',
  'date': '投稿日時',
}
'title' in video # True
'good' in video # False



値が存在するか確認

video = {
  'title': 'タイトル',
  'count': '再生回数',
  'date': '投稿日時',
}
'タイトル' in video.values()
 もしかしたら何か関連しているかも? 
 みんなからのコメント 
まだコメントはいただけてないみたい……