JavaScriptの連想配列について2分で語ってみた

JavaScriptの連想配列

この記事を三行にまとめると

JavaScriptの連想配列
角かっことドット
通常の配列を連想配列にする方法
この記事は以下の動画の中に出てきたサンプルコードを載せたものです。コピペなどが必要なときに使ってください。





基本的な書き方

song = {
  title: 'およげ!たいやきくん',
  genre: '童謡',
  time: '4:09',
}



要素の取得

song = {
  title: 'およげ!たいやきくん',
  genre: '童謡',
  time: '4:09',
}

// かっこで取得
song['title']
song['genre']
song['time']

// ドットで取得
song.title
song.genre
song.time



キーがあるか確認

song = {
  title: 'およげ!たいやきくん',
  genre: '童謡',
  time: '4:09',
}

console.log('title' in song) // true
console.log('date' in song) // false



要素の追加

song = {
  title: 'およげ!たいやきくん',
  genre: '童謡',
  time: '4:09',
}

song['date'] = '1975年12月25日'
song.date = '1975年12月25日'



二重連想配列

song = {
  title: 'およげ!たいやきくん',
  time: '4:09',
  artist: {
    writer: '高田ひろお',
    composer: '佐瀬寿一',
  }
}



通常の配列を連想にする

song = ['およげ!たいやきくん', '童謡', '4:09']
song.singer = '子門真人'
console.log(song.singer)
 もしかしたら何か関連しているかも? 
 みんなからのコメント 
まだコメントはいただけてないみたい……