男は裸一貫

この記事はだいぶ前に書かれたものなので情報が古いかもしれません

最近急に涼しくなってきましたね。涼しくというか、むしろ寒い?

個人的には、ようやく涼しくなってきたかなぁと思っておる今日この頃です。やっぱりちょっと肌寒いくらいじゃないと、しっくりこないっすねぇ。やっと季節が俺に追いついて来た感じですねw


しかし、暑がりと寒がりって、どうやって形成されるんですかね?

僕は東京に出て一人暮らしを始めるまで、ずっと長野の山奥に住んでました。冬はとても寒いです。夏もまあ、真夏は確かに暑いけど、他の地方よりは涼しくなるのが早い気はしますね。お盆を過ぎるとわりと過ごしやすくなる。

そんなところで育ったんだから寒さに強く暑さに弱くなるのは当たり前だろって言われれば確かにその通りだとは思うんですけど、じゃあ僕と同じ地元出身でも今も一緒に東京でつるんでる友人らがみんな寒さに強いのかというと決してそんなことはなく、むしろ暑いのは平気だけど寒いのがダメな奴もいます。

環境の影響は間違いなくあるとは思いますが、しかしそれだけで決まるとも一概には言えないっぽいんですよね。

夏生まれの人は暑いのが好きで冬生まれの人は寒いのが好きなのかということもちょっと思ったことがあるんですけど、それもどうなんでしょうね。今言った、地元出身で寒いのがダメな友人も、誕生日は1月ですからね。バリバリ冬生まれやん。

僕は秋生まれで、一番好きな季節も秋です。だからサンプル数を自分一人に絞ると、自分の生まれた季節の気候を好む傾向にあるという統計も十分に成り立つんですけど、基準が自分一人だけじゃどうにもならないですよね。


一説によると、とある遺伝子のせいかもしれないらしいですね。

体内にあるジストログリカンだかビストロスマップだかいうタンパク質が少ないと、暑がりになる傾向があるとかないとか?

難しいことはよく分からないので、詳しく知りたい方は例によってググってみるのが良いんじゃないかと思う次第であります。


まあ、暑がりとか寒がりは人によってさまざまですが、そんなことは関係なく、季節の変わり目ってのは体調崩しやすいですよね。

たとえ暑がりな人でも、ついこの前まで暑くてたまらなかったから寝るときはいつも裸だったり寝るときはいつも窓を開けっ放しで裸だったり寝るときはいつもアイスノン(氷枕みたいなやつ)を使いつつ窓を開けっ放しで裸だったりしていたからといって、いつまでもその生活を続けていると、お腹を壊したり風邪を引いたりしてしまいますから、気をつけてください。

ま、僕は別に冬でも寝るときは服を着ていないことが多いんですけどね……。

まだコメントはいただけてないみたい……
もしかしたら何か関連しているかも?