if文について4分で語ってみた

4分で学べるif文の基礎

この記事を三行にまとめると

if文の基本的な書き方
elseや&&、||など
Pythonのif文の書き方
この記事は以下の動画の中に出てきたサンプルコードを載せたものです。コピペなどが必要なときに使ってください。




二つの数字が等しいか判定するコード

$a = 100;
$b = 100;

if($a == $b) {
  echo '等しい';
}



二つの文字列が等しいか判定するコード

$a = '江戸川コナン';
$b = '工藤新一';

if($a == $b) {
  echo '等しい';
}



上記にelseを加えたコード

$a = '江戸川コナン';
$b = '工藤新一';

if($a == $b) {
  echo '等しい';
} else {
  echo '等しくない';
}



満点、合格、不合格を表示するコード

$point = 100;

if($point == 100) {
  echo '満点';
} else if($point >= 60) {
  echo '合格';
} else {
  echo '不合格';
}



$pointの数字を0〜100に限定するコード

$point = 1000;

if($point > 100) {
  $point = 100;
} else if($point < 0) {
  $point = 0;
}

if($point == 100) {
  echo '満点';
} else if($point >= 60) {
  echo '合格';
} else {
  echo '不合格';
}



数字かどうかの判定を追加したコード

$point = 'abc';

if(is_numeric($point)) {
  if($point > 100) {
    $point = 100;
  } else if($point < 0) {
    $point = 0;
  }

  if($point == 100) {
    echo '満点';
  } else if($point >= 60) {
    echo '合格';
  } else {
    echo '不合格';
  }
} else {
  echo '数字じゃありません';
}



$pointが0以上かつ100以下かを判定するコード

$point = 100;

if($point >= 0 && $point <= 100) {
  echo '正しい数字です';
} else {
  echo '不正な数字です';
}



$pointが0以上または100以下かを判定するコード

$point = 100;

if($point >= 0 || $point <= 100) {
  echo '正しい数字です';
} else {
  echo '不正な数字です';
}



変数が存在するかの条件式を加えたコード

if(isset($point) && $point >= 0 && $point <= 100) {
  echo '正しい数字です';
} else {
  echo '不正な数字です';
}



Pythonのif文の書き方

point = 100

if point == 100 :
  print('満点')
elif point >= 60 :
  print('合格')
else :
  print('不合格')
 もしかしたら何か関連しているかも? 
 みんなからのコメント 
まだコメントはいただけてないみたい……