JavaScriptの配列について3分で語ってみた

配列JavaScript編

この記事を三行にまとめると

JavaScriptの配列
要素の追加や削除
初期値の違いについて
この記事は以下の動画の中に出てきたサンプルコードを載せたものです。コピペなどが必要なときに使ってください。





配列の基本的な書き方

omikuji = ['大吉', '中吉', '小吉']
omikuji = new Array('大吉', '中吉', '小吉')



要素の取得

omikuji = ['大吉', '中吉', '小吉']
console.log(omikuji[0]) // 大吉
console.log(omikuji[1]) // 中吉
console.log(omikuji[2]) // 小吉
console.log(omikuji[3]) // undefined



要素の追加、上書き

omikuji = ['大吉', '中吉', '小吉']

// pushで追加
omikuji.push('末吉')
omikuji.push('凶', '大凶')

// インデックスを指定
omikuji[2] = '半吉'
omikuji[3] = '末吉'



要素の削除

omikuji = ['大吉', '中吉', '小吉']
omikuji.splice(0, 1)



要素の中身だけを削除

omikuji = ['大吉', '中吉', '小吉']
delete omikuji[2]



要素の存在を確認

omikuji = ['大吉', '中吉', '小吉']
omikuji.includes('大吉') // true
omikuji.includes('末吉') // false



要素がどこにあるかを確認

omikuji = ['大吉', '中吉', '小吉']
omikuji.indexOf('小吉') // 2
omikuji.indexOf('大凶') // -1



初期値に数字を一つだけ入れた場合

// arr[0]に3が入る
omikuji = [3]

// 空の要素が三つできる
arr = new Array(3)
 もしかしたら何か関連しているかも? 
 みんなからのコメント 
まだコメントはいただけてないみたい……