Pythonのfor文について2分で語ってみた

フォーーー

この記事を三行にまとめると

リストをfor文で回す
辞書をfor文で回す
range関数を使ったfor文
この記事は以下の動画の中に出てきたサンプルコードを載せたものです。コピペなどが必要なときに使ってください。





リストをfor文で回す

points = [80, 65, 50, 90, 100]

for point in points:
  print('pointは' + str(point))



辞書をfor文で回す

points = {'国語': 80, '数学': 65, '英語': 50}

for key in points:
  print('keyは' + key)



科目名と点数の両方を表示する

points = {'国語': 80, '数学': 65, '英語': 50}

for key in points:
  print(key + str(points[key]) + '点')



itemsを使って科目名と点数を表示

points = {'国語': 80, '数学': 65, '英語': 50}

for key, point in points.items():
  print(key + str(point) + '点')



rangeを使った書き方

# for(value = 0; value < 10; value++)
for value in range(10):
  print('valueは' + str(value))

# for(value = 1; value < 10; value += 2)
for value in range(1, 10, 2):
  print('valueは' + str(value))
 もしかしたら何か関連しているかも? 
 みんなからのコメント 
まだコメントはいただけてないみたい……