料理の得意なギャルをもらえば一挙両得じゃね?

この記事はだいぶ前に書かれたものなので情報が古いかもしれません

マヨネーズは何にでも合う。

マヨネーズをかければ何でも美味しくなる。

そう……。

たとえそれが、元々は不味いものであったとしても、だ。

マヨネーズ万歳!!






僕は一応、自炊をします。最近は休日しかやらない上、休日なら必ず自炊するってわけでもないから、頻度は高くないんですけどね。

何だかんだで僕ももう独り暮らしを初めて十年経ちます。その間、それなりに自炊してきたので、述べ回数で言えばそこそこの回数は料理を作ってるはずなのです。

でも、ぶっちゃけ一向に腕前の方は上達しない。

まさに下手の横好きってやつでしてね。料理を作ること自体は嫌いじゃない……むしろ好きなんですけど、でもいかんせん上手くない。だから美味くない。

今、上手いこと言ったね! 座布団一枚だねこれは!



よく作るメニューとしては、チャーハンなんかが多いです。自炊する独り暮らしの男性にはありがちなメニューのような気がします。

僕の場合、チャーハンなんて卵とご飯をババーッと炒めて塩コショウを振って終わりですからね。たまに他の具材を入れるときもありますが、基本的には卵とご飯だけです。

そんな感じだから、たいして美味しくはない。もうちょっと料理の腕があれば、それだけでもそこそこの味になるはずなんですが、しょせんは僕の腕なので、たかが知れてます。

でもそんなとき、マヨネーズがあれば解決なのです!



チャーハンにマヨネーズかけんのお前? とか思った人。

ええ、かけますよ。余裕でかけます。余裕過ぎてアクビが出るぜ。

ってか、僕は何にでもマヨネーズかけて食えまっせ。

野菜炒めにもかけます。生姜焼きにもかけます。ベーコンエッグにだってかけちゃうし、むしろただのスクランブルエッグにすらかける。

自分で作った料理の味がいまいちだったときは、たいていマヨネーズをかけてごまかします。マヨネーズをかけてもどうにもならなかったことは、僕の中ではまだない。

今まで自分で作ったもので一度もかけたことないのは、お味噌汁くらいですね。

まあ……僕くらいぶっ飛んだ味覚の持ち主なら、味噌汁にマヨネーズ入れても食えそうだけどね……でもさすがにまだチャレンジしたことないな。



ってなわけでして、少なくとも僕が作る料理に関していえば、たとえそれが不味いものであっても、マヨネーズをかけるだけでそこそこの味になると、そういうことなんです。

だからマヨネーズをかければ何でも美味しくなるって、声を大にして言っているわけなんです。

「それ、マヨネーズが美味いだけやん? あとお前が異常にマヨネーズ好きなだけやん? 銀魂の土方みたいなもんやん?」って思ったそこのキミ。






Exactly!!(その通りでございます)






しかし、毎日料理するわけじゃないとは言え、ここまで上達しないと、よほど僕には料理のセンスがないのかなって、思っちゃいますね。何かもうセンス以前の問題のような気もするね。

愛情が足りてないんですかね……料理は愛情って言いますし。

僕の場合、自分の腹に収まれば何でも良いやって思って作ってますからね。自分で食べる分には味が多少あれでも別に良いやって思ってますからね。「美味しくなーれーもえもえきゅん」なんて気持ちはかけらも抱かずに作ってますからね。

今目の前にシェンロンが現れたら、迷わず俺を一流のシェフにしてくれって、言いたいですね。

ギャルのパンティなんかより断然魅力的……いや、しかしギャルのパンティも捨てがたい……か?



まあ、ぶっちゃけギャルのパンティはいらないですけどね。別にはかねーし。かぶらねーし。

ギャルのパンティもらうくらいなら、本物のギャルをもらうわ。

まだコメントはいただけてないみたい……
もしかしたら何か関連しているかも?