Don't Think! Feel!

おまとめ三行

考えるな。感じろ
考えろ。ついでに感じろ
考えろ。そして行動しろ
感じるってのは大事なことだ。感受性が豊かなのは良いことだし、あれこれ考えるより直感に頼った方が良い場合は決して少なくない。夜の生活だって感じる方が良いに決まってる。お互い何も感じなくなってしまったらやがてその二人は愛を確かめ合うこともなくなってしまう。

それでも、現実的には「考えるな。感じろ」よりも「感じるな。考えろ」って場面の方が多いような気がします。何でもかんでも感覚に頼って上手くいくのは一部の天才だけ。僕みたいに凡人に凡人をかけ合わせたような、マイナスにマイナスをかけてもプラスにならない超ド級の凡人が考えることを放棄してもろくなことにはならない。まあ感じることも大事なわけだから「考えろ。ついでに感じろ」くらいが良いのかな。

とはいえ「バカの考え休むに似たり」なんて言葉もありますから、僕の場合は考えることを放棄してもダメだけど、考えすぎてもダメなんでしょうね。だから「たまには感じろ。そしてほどほどに考えろ」あたりが無難な感じかもしれません。急激に語呂が悪くなったな。

しかし考えるのが大事とは言っても、考えてばかりでも良いわけではないんですよね。家にこもってただひたすらに考えてばかりいても、それで何かを成すことができるかと言われたら当然そんなことはない。考えたことは実行に移さないと、そのひらめきがどんなに良いものであっても宝の持ち腐れで終わっちゃいますからね。

ってことは、結論として今の僕に必要な言葉はリー師匠のあの言葉ではなく、きっとこっちになるんでしょう。

「考えろ。そして行動しろ」