太もも

おまとめ三行

一年後も解決していないことが確定
少しは状況の改善が起こるはず
それでも2020年が終わる頃には
仕事でもプライベートでもスーツを着る機会が全くといって良いほどないので、急にその時がくると何年も前に買ったスーツを着るハメになる。そして主に太ももの辺りがパツパツで、座るとお尻が破けるんじゃないかという不安と戦わなければならない。これの解決策としては、着ないことが分かっていても定期的にスーツを新調するか、頑張って痩せるかのどっちかになっちゃうよね。

……みたいなことをもうここ五年くらいずっと言い続けているような気がするんですけど、未だに解決できないんですよね。新調もしていないし体重も減っていない。むしろお腹周りの肉は増えた気もします。つい先日、腹筋の力だけで起き上がれない体になっている事実に気づいて「こいつぁマジでヤベー」なんて思いはしたものの、頑張って腹筋を鍛えるかーなんて考えに至ることはなく、だからたぶん、今のままでは一年後もこのスーツ問題は解決していないことが確定的に明らかでございやす。

でも大丈夫。少しは状況の改善が起こるはず。たぶん、きっと、おそらく。

僕の場合、何でもそうなんですけど、やらなくてもいいことってやっぱりやらないんですよね。運動に関しても、例えばジムに通うことって日常の中の必須項目じゃないじゃないですか。そういう別にやる必要がないものって、よっぽどそれがやりたくてたまらないみたいな状態じゃないとなかなか重い腰が上がらないんですよね。だから強制的に運動しなきゃいけないような状況を自分に用意する必要があるんですよ。雪国の人たちにとって雪かきってのはなかなかの大敵ですが、でも良い運動になるという意味では必ずしも悪いことばかりでもない、みたいな。ジム通いと違って雪かきはやらなきゃいけないことだから、僕みたいな奴でも体を動かすことになるわけで……。

前回の記事でも言いましたが先日引っ越しをしたんですよ。んでその場所なんですけど、あえて職場から徒歩で一時間半くらいかかるところを選びました。通勤も雪かきと同じでやらなきゃいけないことだから、これなら僕も少しは歩くはずです。引っ越す前は職場から徒歩5分のところに住んでましたから、それに比べたらだいぶ良い運動になるんじゃないかと。一応、引っ越し前も夜な夜なウォーキングをするようにはしてたんですけど、絶対にやらなきゃいけないことじゃないから、やはり簡単にサボタージュまっしぐらになってしまう。「今日は寒いからやめとこ」とか、逆に「暑くて外出たくないから今日は良いや」みたいに思っちゃうともうね……しかしこういうのって一度サボっちゃうと次から全然やらなくなりますしね。でも通勤ならそうはいかない。

歩いてさえいればみるみる足が細くなっていくってわけでもないですが、それでも2020年が終わる頃には「昔買ったスーツが着れるようになってるぞー!!」というツイートが僕のタイムラインに載っていることを信じて、今日はこのまま家から出ずにのんびりしようと思います(典型的なダメな奴の思考パターン)