間違えて同じコミックスを二冊買ったことはあるけど……

この記事はだいぶ前に書かれたものなので情報が古いかもしれません
ゆるゆりは可愛い女の子が出てくる漫画です

おまとめ三行

付録なんて気にしたことない
観賞用と保存用と
生レバーは基本的に加熱用です

なん……だと……? ゆるゆりに10.5巻なるものが存在するだと……?

どうやら10巻の特装版って方を買うとついてくる付録みたいなんですが、そんなこと知らずに普通に10巻の通常版を買ってたわ。

僕は漫画さえ読めれば良いんで、あまりおまけ特典には興味がないから、基本的に漫画は通常版と限定版があれば迷わず通常版を買うんですよ。そもそもどんな特典がついてくるのかとかもあまり気にしたことない。

でも、おまけで漫画がもう一冊ついてくるとなると話は別よ。そりゃ特典で漫画がついてたらそっち買うよ。だって漫画さえ読めれば良いんだから。

まあそれも、単なるおまけ漫画だったら別に良いんですけど、つい先日ゆるゆりの12巻が出たんで買ってみたら、どうも10.5巻を読まないと分からないようなネタがあったみたいでね……千鶴が楓ちゃんと何の約束をしたんだろう、あの二人が出会うシーンなんてあったっけ? と、思わず1巻から読み返してみたけど、そんなシーンは一切ない。あれかな? 裏設定かな? とか思ったら、10.5巻で出会っていたという、そんなお話。たまーにあるよね、そういうの。スピンオフ作品読んでないと分からないネタが本編で出て来たりとか。そういうの好きなんだけど、スピンオフ作品とかはたいてい後で気づいても買えるからな。でもこの10.5巻は、あくまでも10巻の付録で非売品。ベン・トーの5.5巻や7.5巻みたいに買うことはできない。さあ、どうする? どんなライフカードを切る?

ま、ゆるゆり読んでない人には何のこっちゃって話っすな。



しかし、ほんとにどうしよっかなぁ……ついに俺も、観賞用と保存用に二冊持ってるんですって言い張るときが来たのか?

うーんうーん……。

……

………………

…………………………

よし、とりあえずAmazonで注文するか(『加熱用』と書かれた生レバーを)

まだコメントはいただけてないみたい……
もしかしたら何か関連しているかも?