そんなわっきゃない

この記事はだいぶ前に書かれたものなので情報が古いかもしれません

トランシーバーとトランシルヴァニアって、似てますよね。

トランシルヴァニアってのは昔ヨーロッパにあった国の名前です。どうやら『森の彼方の国』という意味があるらしい。ウィキペディにはそう書いてあった。

トランシーバーってのは無線機です。トランスミッターとレシーバーを組み合わせた単語と世間一般では通っているかもしれませんが、もしかしたら本当はトランシルヴァニアが語源になってるのかもしれない。

森の彼方にいる人とでも会話ができますよ~的な意味で。



子供の頃、トランシーバーを買ってもらったことがありましたけど、実際に使ったことなんてほとんどなかったですね。スキーに行くときくらいだったよ。

各自好きなゲレンデを自由に滑りつつ、お昼ご飯を食べるために集合するときなんかにトランシーバーで連絡を取り合うって感じで。でも実際は、滑ってる途中ってトランシーバーのコール音とか意外と聞こえない。あと僕はかなり派手に転倒するのが好きなやつだったから、いつ壊れてもおかしくなかったです。

スキーでダイナミックに転ぶのって、なかなか楽しいんすよ。いやほんとに。



まあ、現代じゃ着信履歴の残るケータイっていうものがあるから、スキー場に行くときももはや無線の出番はないですね…おいたわしや。

まだコメントはいただけてないみたい……
もしかしたら何か関連しているかも?