才能って難しい

この記事はだいぶ前に書かれたものなので情報が古いかもしれません

流れ星に向かって長ったらしいお願いを3回言うのは難しいから、極力短い言葉でお願いを言うために「○○の才能が欲しい」というのを省略して「才能くれ」にしたら、やっぱり手に入る才能の種類はランダムになってしまうんだろうか。

ってことは『USBを挿し込むとき上下を100%間違えない才能』とかの可能性も、あるわけですね。

ちなみに僕はケータイ充電用のUSBコネクタの上下を80%くらいの確率で間違えます。一度で挿せたことの方が少ないっす。

あれ、何で一回で上手くいかないんだろうなぁ……上下のどちらかという純粋な確率論に基づけば、50%の確率で一回で挿せるはずなのに……摩訶不思議。


しかしランダムで才能が手に入るってのは、ワンピースの悪魔の実みたいですね。


悪魔の実といえば「ゴブゴブの実」ってのを考えたんですよ。

これは別に動物系(ゾオン系)のゴブリン的な実ではなくて、五分五分って意味でのゴブゴブの実です。

何でもかんでも確率が五分五分になる。ものっそい微妙な能力です。

でも、どんな状況でも死ぬ確率は五分五分って考えると、結構つえーかもよ? 裸で宇宙空間を漂っても50%の確率で生きられるってことですからね。

でも弾が6発入る銃でロシアンルーレットをやった場合、単純に考えたら弾が出る確率は1/6なわけですけど、ゴブゴブの実を食べた人がやった場合は1/2に上がっちゃうんですね。そう考えるとやっぱり微妙な能力ですね。

あるいは1/6で弾が出る確率が1/2になるってことで、抽選確率は 1/6 × 1/2 = 1/12 ……に、なるのか? 確率ってそういう単純な計算で良いんだっけ? 何か違うような……?

うーん……今この瞬間だけ、確率計算にものすごく強くなる才能が欲しいですね。


ま、とはいえ、何事に置いても五分の確率になってるなんて、ぶっちゃけ傍目には分からないですからね。普通に考えたらこの人、何を決めるにも五分五分で考えちゃう、ただの優柔不断で泳げないってだけの人ですわ。

まだコメントはいただけてないみたい……
もしかしたら何か関連しているかも?