やっぱり半角数字……かなあ

おまとめ三行

ここに来て改めてちょっと悩んでおります
九十一億九千二百六十三万千七百七十倍
結局は自己満足のため
もうブログや小説を十年以上も書いていて今さらながらに思ったんですが、「ひとつ」「ふたつ」みたいな時に漢字で「一つ」「二つ」と書くべきか数字で「1つ」「2つ」と書くべきか、ここに来て改めてちょっと悩んでおります。

縦書きの場合は漢字で書くのが一般的かなというのは何となく分かります。僕自身、小説の中で数字を使う時は明確な理由がない限り漢字で書きます。問題は横書きの時です。

個人的にはやはり小説を書いている感覚に慣れているからなのか、数字よりは漢字の「一つ」「二つ」の方がしっくり来ます。でも数字がある程度大きくなってきた時、例えば「煩悩の数は108個」みたいな時は漢字よりも数字で書かれている方が読みやすいような気もします。「百八個」でも別に読めなくはないけど、長い文章を目で追っている時、たぶん108個よりは「これ何個だ?」って一瞬視線が止まる確率が高いんじゃないかと思います。

もっと大きい数字になると確実に数字の方が読みやすいですよね。「一秒の長さはセシウム133の原子の基底状態の二つの超微細構造準位の間の遷移に対応する放射の周期の九十一億九千二百六十三万千七百七十倍の継続時間」だったら「9192361770倍」って書いといてほしいですね。しいていえば漢字の方がパッと見で桁が把握できるかもしれないですけどね。数字だと桁数が多い時に「いちじゅうひゃくせんまーん……」って追ってかないと分からなかったりしますから。でも基本的には数字の方が読みやすい上にスペースも節約できます。

九十一億九千二百六十三万千七百七十
9192361770

1/3くらいのスペースで済みます。そう考えると「じゃあ数字で良いんでない?」って結論にもなりそうなもんですが、僕が何にこだわってそんな細かいことを気にしてるのかってーと、数字は半角ってとこなんすよ。

例えば1っていう数字を日本語の文章の中に紛れ込ませるとこんな感じになります。ちょっと細すぎると言うか……2桁以上の数字だったらそんなに気にならないんですが1桁の数字が全角文字に挟まれていると、フォントによってはちょっと見づらくなるような気がしなくもない。

あとこれはもっと細かいことなんだけど、文字の横幅をキレイにそろえたい時に半角文字が混ざってるとバランスが崩れちゃうのよね。

2桁以上の数字だったらそんなに気にならない
ちょっと見づらくなるような気がしなくもない

この二行は文字数は同じなんですが、半角一文字分だけ幅がずれています。こういう時は漢字にした方がそろえやすくて良いなって思うんですよね。

「じゃあ全角で書けばええやん」って思うかもしれないけど、「9192361770」みたいに全角で書くと、それはそれで違和感があるようなないような……普段半角でしか見慣れてないからだと思いますが、すごい隙間が空いてるように見えるんですよね。「半角スペース入れて書いてんのか?」的な。

「ほんなら一桁の場合は漢字で書いて二桁以上は数字とかにすればぁ?」という意見もアリなのかもしれませんが、あまり数字と漢字が入り混じってるのも統一感がない気がしちゃうのよね。誤字や脱字ってわけではないんだけど、添削ミスっぽい感じがすると言うか何と言うか……。

あとはあれだ。例えば「1つ」という字にはそんなに違和感がないと思うんですけど「もうひとつ」とか「ひとつひとつ」書く時に「もう1つ」「1つ1つ」だと、「もう一つ」「一つ一つ」に比べて何かちょっとしっくり来ない感じがします。別に間違った書き方ではないんだろうけど、この場合は漢字で書く方が無難な気がする。でもそうなると「私はリンゴを1つ食べたが、物足りなかったのでもう一つ食べた」みたいな書き方は避けたいですよね。表記の揺れが目立つ気がします。

まあ人の文章を読んだ時に数字と漢字が混在してても特に気にならないんで、結局は自己満足のためにどう書くのが正解かって話なんですけどね。文字のバランスを崩さず、統一感も失わず、それでいて読みやすい。そのためにはどういうルールで数字と漢字を使い分けるのがベストか……なかなか良い正解が出せないもんですね。