この記事はだいぶ前に書かれたものなので情報が古いかもしれません
前編はこちら



ってなことで、プロットがなかなか書けないってときのお助けページに行きましょう。

詳しい説明に関しては、前回もちょっと紹介した大塚英志さんの「物語の体操」を読んでもらうとして、ここでは使い方を簡単に説明します。

では、こちら↓のページを開いてみてください。



プロット作成をお助け



何か6つのボックスがあって、中に「①主人公の現在」とか、何やら書いてありますよね。

「単語を出力」ってボタンを押すと、その上に文字が出てきます。

動きとしてはこれだけです。これでプロット作りの準備ができました。

ボタンを押すと出てくる単語は「秩序」「勇気」「誓約」「慈愛」など、いくつかの単語がセットされていて、ボタンを押すたびにそれがランダムで出るようになっています。

物語の体操の中では24個の単語が設定されているんですが、本書の中では辞書を引いて適当な単語を用いても良いなどと書いてあるので、ここでは僕が適当な単語を追加して、全部で以下の60個の単語を設定してあります。



知恵、生命、信頼、勇気、慈愛、秩序、至誠、創造、厳格、治癒、理性、節度、調和、結合、庇護、清楚、善良、解放、変化、幸運、意思、誓約、寛容、公式、狡猾、温厚、転移、不動、浪漫、躍動、障害、偶然、闘志、熱血、復活、無敵、大胆、堕落、迅速、堅牢、忍耐、幻想、不安、極端、飛翔、制限、頑丈、平穏、柔軟、明朗、虚像、過剰、自信、韜晦、杜撰、従順、英傑、不屈、自律、圧倒、



マジで適当に思いついた単語をセットしてあるんで「この単語の組み合わせじゃ、プロットの書きようがないぜよ」ってなることもあるかもしれませんが、その辺はよしなに。もっかい出力し直すとかの対応でお願いしゃっす。

それから各単語にはコトバンクのリンクをつけてあるので単語の意味を知りたい場合はリンク先のページで確認してください。



実際にやってみましょう

とりあえずボタンを押してみます。

知恵の逆って何だろうね?

はい、こうなりました(スマホなど、画面の横幅が狭いと少し見え方が違います)



主人公の現在・・・清楚<逆位置>
主人公の未来・・・信頼
主人公の過去・・・結合
援助者・・・知恵<逆位置>
敵対者・・・秩序
結末・・・創造



ここでやりたいことは、それぞれの状況(現在とか過去とか)に該当する単語を当てはめて、物語のプロットを考えてみようということです。

2つほど<逆位置>っていうのがありますが、これはタロットカードでいう正位置や逆位置と同じことで、カードが逆さまだったら逆位置としているってことですね。このプロット作成法は本書の中ではカードを使ってやるってことになっているので、カードが逆さまのこともあるわけです。逆位置だったら、表示されている単語と反対の意味の単語を当てはめると考えてください。

今回の場合だと、主人公の現在は清楚の逆ですから……清楚の逆って何だ? 淫猥で良いかな? そうするか。それから知恵の逆は……これも何だろう? 力業(ちからわざ)とかにしとく? 孔明に対する呂布みたいな感じで。

特に理由はないんですけど、逆位置が出る確率は1/3にしてあります。今回は忠実に確率通りに出ましたね。

じゃあ、これを元にお話の枠組みを考えてみましょう。



題して「性の楔と正義の鎖」

主人公は女性。定職には就いておらず、適当に男に声をかけては体を提供して日銭を稼いでいる(主人公の現在。淫猥)

ある日、彼女は一人の男性に出会う。最初はいつも通り金と体だけのつながりを求めたが、好青年の彼に彼女は次第に惹かれて行き、今の乱れた生活を止めて彼と一緒にいたいと思うようになる。また彼の方も彼女に好意を寄せるようになる(主人公の未来。信頼)

しかしその一方で、彼女は今の暮らしを止めることがなかなかできなかった。というのも、彼女は昔、本気で好きだった男性に無理矢理犯された経験があり、それ以来、好きな人と体を重ねることが怖くなっていたからだ。今の暮らしをしているのも、金だけでつながる分には後腐れがないと考えているから(主人公の過去。結合)

そんなある日、売春行為の一斉取り締まりが行われることを彼女は知った。対象者は問わず、売春に該当する行為を犯したものは問答無用で罪に問われ、厳罰に処される。(敵対者。秩序)

彼女は男と一緒に逃げる決心をする。しかし何処もかしこも包囲されていて、なかなか逃げられない。そこで、男の友人に頼んで、遠くの地へ逃がしてもらうことにする。トラックの運転手である友人は、自分の運転するトラックに主人公たちを乗せ、検問を強引に突破し、追手を振り切って、何とか脱出に成功する(援助者。力業)

逃げ果せた遠方の地で、彼女は男と一緒に暮らし、子どもを産んで幸せに暮らす(結末。創造)



検証してみる

自分で書いときながら、この設定で話が面白く膨らむ自信はないですが……まあこんなもんでしょう。

結合とかね、淫猥な現在から遡ったら、僕の頭ではもう男女の結合以外のものが何も浮かばなかった。ファンタジーに寄せるなら、もっと考えられそうな気もするんですけどね。今回はだいぶアダルティなプロットになってしまいましたから。

創造も何かアレな感じですけど、新しい生命の誕生ってことで、今回は納得しましょう。力業とかも、まあ、こんなもんじゃない?

敵対者に秩序があると困っちゃうよね。秩序ある行動取るんだから、相手の方が正義っぽいやん? まあ、ワンピースも敵は絶対的正義の海軍なわけですけど。



たぶん、こうやって無理矢理ひねり出すことがある程度前提になっているものなんじゃないかなと思います。言わばトレーニングですからね。僕みたいにまだプロット作りにあまり慣れていない人は、とにかくこれで物語を考える力を身に着けてみろっていうね。

このプロットで書く物語が面白いものになるかってのは、また別の話です。ならなさそうだったら、もう一度同じことを繰り返して、別のプロットを作ってみる。それだけの話です。

本書の中でも、このやり方でまずはプロットを100個作ってみましょうって言ってますから、質より量の精神で、下手な鉄砲を当たるまで打ち続けろってことなんでしょう。

だからあれですね。慣れている人でアイデアのきっかけが欲しい人ならともかく、トレーニングとして使う人は、作りやすい単語が来るまで作成ボタンを何度も押すんじゃなくて、今回みたいに1回押して出て来た内容で、無理矢理でも良いから考えてみるのが良いですね。



前回も言いましたけど、著作権うんぬんで怒られるようなことがあれば消えてしまうページです。

主に僕が自分で使うために作ったページなんですが、使えそうだなって思った人は、利用してみてください。機能拡張についてのご意見も可っすよ。

今はまだボタンを押して単語を出すくらいしか機能がないですが、せっかくウェブ上に興したので、もう少し拡張して使えるページにしたいですね。

まあ、その辺はいずれ思いつけばってことで。






追記

出力された単語を元にプロットを書いてテキストファイルに保存できるようにしました~。(10月19日)