12年目に突入しました

このブログを開始したのが前回の寅年でした

この記事を三行にまとめると

12年……長いですね
消し去ることのできない黒歴史を量産し続けてきた
今年も間違いなく立証できる
あけましておめでとうございます。

このブログを開設したのが2010年だから今年で12年目ということになります。12年……長いですね。小学校に入学した人が高校を卒業する頃ですよ。声変わりすらしていなかった子が大人の階段を登っていてもおかしくないだけの年数です。それだけの期間、僕は消し去ることのできない黒歴史を量産し続けてきたんですね。下ネタを言いまくり、コメントで「下ネタ寒いんじゃボケ」とののしられ、これといった大きなバズリもないまま十二支が一周してしまいましたよ。そろそろ革命が起きても良いんじゃないですかね?

よくこのサイトが12年も続いたなと思いますが、ここまで続いた理由を考えるとひとえにやめ時が分からないの一点に尽きますね。いつ最終回を迎えたら良いのか、最終回はどんな更新で締めくくれば良いのか、いずれも答えが見つからないままこうして今日も更新をしているわけです。

俺はあと何回ブログ記事を公開すれば良いんでしょうね……ゼロは何も教えてくれません。



それはさておき、今年も新年一発目の更新は毎年恒例のアレをやります。初夢はもれなく縁起が良い説の実証です。

これはどんな夢であろうと初夢に出てくると縁起が良いと言われる一富士二鷹三茄子のどれかに通ずるはずだから、結果的に初夢は見るだけで縁起が良いんだよという説です。

このブログでは過去6年ほどこの説を検証していますが、今のところ100%立証できています。そして今年も間違いなく立証できるのでこの説が正しいことはもはや疑いようがないです。

それじゃあ今年の僕の初夢がどんなだったかを実際に見ていきましょう。



僕は学生時代のクラスメイトたちと修学旅行っぽいイベントに参加していました。そしてホテルで夕飯を食べた後、エレベーターに乗って部屋に戻ろうとしたのですが、なぜか従業員用のエレベーターに間違えて乗ってしまい、しかもそのエレベーターは一階と屋上にしか止まらず、僕は従業員らしき人と一緒に屋上まで行ってしまいました。



だいたいこんな感じの夢でした。本当はもう少し長かった気がするんですけど、思い出せるのがこの部分だけだった。年を取ると記憶力が低下すると言いますが、夢にもその影響があるんですかね。以前はもうちょっと詳細に覚えていられたんだけどなあ……。

さて、それじゃあ検証といきましょう。この夢においてキーワードとなるのはエレベーターですね。そして上に行くというのもポイントです。

エレベーターで上に行く → まるで煙が上に向かっていくかのうようだ → 煙といえばタバコだね!

……何かいつもに比べるとしょぼいっすね。もうちょい風が吹いたら桶屋が儲かる的な感じだと面白いんですが……まあそういう年もあるさ。

ちなみに一富士二鷹三茄子ですが、これには四扇五煙草六座頭という続きがありまして、煙草はまさに煙が上にのぼるということが出世や運気上昇などを表すということで縁起が良いと言われています。だからエレベーターに限らず上にのぼっていくような夢を見たら基本的にはタバコの結びつけてしまえるってことですね。



とまあこんな感じで今年の初夢もバッチリ縁起が良かったわけですが、あれですね。今まではずっとタバコとかナスとかに結びつけることができるかどうかで検証してきたけど、もうこれは十分に立証できることが分かったし、来年からはタバコやナスが縁起が良いと言われている理由の方に焦点を当てて、それらと同じような意味になるかどうかを検証した方が良いかもしれないですね。「エレベーターで上にのぼる → 運気上昇を意味する」みたいな。

ちなみにナスは表面がツルツルしているので、「ツルツル → 毛がない → 怪我がない」みたいな意味で縁起が良いと言われています。なので怪我がないことを連想させるような初夢であれば縁起が良いといえますね。

はたして来年はどんな初夢を見るのか……そしてちゃんと覚えていられるのか。それは一年後のお楽しみです。

そんなわけで本年もよろしくお願いいたします。
 もしかしたら何か関連しているかも? 
 みんなからのコメント 
まだコメントはいただけてないみたい……